スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千三百手観音って・・・怪しくないですか?

今日はどうして私たちが「千三百手観音」という、実在しない観音さまをモチーフにしたかをお話したいと思います。

そもそも、このプロジェクトを考えていた当初は、「としょかん“千手”観音プロジェクト」だったんです。
千手観音は、すべての人を救うために千本もの手を持つそうです。
千手観音のように、色々な人の「おねがい=必要とするもの」に応える、図書館もそんな存在でありたいなと考えついたのがそもそもの出発点です。
しかも、今年図書館大会が開催される奈良という土地柄にもぴったり!!

こんな経緯で、プロジェクトのモチーフはまず、“千手”観音に決まりました。

そしてある日の作戦会議中、あるメンバーが言いました。

「奈良ってちょうど平城遷都1300年なんだから、いっそのこと“千三百”手観音にしたら?いつもより多めに救えるし!」

この一言で、“千手”観音は“千三百手”観音に変更決定!
プロジェクトのサブタイトル(?)として、「いつもより「手」広く答えております」が選ばれたのでした。

テーマ : 管理人からのお知らせ
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロジェクトご案内

2010年9月16日~17日にかけて奈良市で開催される「全国図書館大会」の関連イベントとして(ただし、非公式でございます)、図書館に勤務する有志で「としょかん千三百手観音プロジェクト」を実施します!
詳細はこちら

おねがい&おこたえ公開中!

みなさんからお寄せいただいたおねがいと、そのおこたえ」を公開中です!!
→おねがい公開ページへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。